JR各社・駅・私鉄各社

大町立体交差:JR西 可部線×広島高速 ※過去画像シリーズ

アシヲヂ / ashiwodi

大町立体交差:JR西 可部線×広島高速 ※過去画像シリーズ アストラムライン開業時に交差地点に駅を設置広島県

今回は広島市内の大町立体交差をご紹介します。大町立体交差は、JR西日本 可部線と、広島高速交通 広島新交通1号線の立体交差です。見学は2009年8月で、可部線がまだ可部駅終着の頃です。
大町立体交差は、JR西日本可部線と広島高速交通 広島新交通1号線 愛称アストラムライン(以下アストラムライン)との立体交差で、地平に可部線、高架にアストラムラインという配置となっています。立体交差は、1994/08/20のアストラムライン開業によって成立しました。それ以前は可部線が南北に通っており駅もありませんでした。しかし当位置においてアストラムラインと交差することとなり、乗り換えの便を図るために両線に大町駅が設置されました。
地平の可部線は単線1面1線の棒線駅、高架のアストラムラインは複線島式1面2線で、折り返し設備が設置されています。立体交差の形式は単純型。立体交差の構造は交差するアストラムラインが複線上路式鋼製ボックスガーダーとなっています。

立体交差名:大町(はくしま)
関連社名 :JR西日本 × 広島高速交通
関連線区名:JR西日本 山陽本線・山陽新幹線 × 広島高速交通 広島新交通1号線
分類   :単純型
構造   :複線上路式鋼製ボックスガーダー
期間   :1994/08/20~
※アストラムラインとは、広島高速交通 広島新交通1号線の愛称名です。

参照サイト「鉄路ノ景」
http://railscape.blue.coocan.jp/index.html
立体交差の分類
http://railscape.blue.coocan.jp/cross/cross-3.htm

#立体交差 #鹿児島本線 #筑豊本線

※新型コロナによる緊急事態宣言措置とか蔓延防止措置とかなんかで、外出がままならない状況となっておりました。今までは撮り溜めたものがあったのですが、ここにきて在庫が払底してしまったこと、ちょうど仕事が忙しい時期が重なったこともあって、1か月以上動画をあげることができていませんでした。しかしどうにかして動画をあげたいと思っているところです。なので、しばらくは過去に撮影していたものをご紹介しよう思い立ちました。ただし当時はまだ動画デビューはしておらず静止画ばかりなので、画像を切り替えながらナレーションによるご紹介となります。